当教室では、次の3つのポイントを理念としています。

楽譜を読む力をつける
自分の好きな曲を弾いてみたいと思っても、その楽譜がうまく読めなければ、残念ながら思うように演奏できないでしょう。
導入〜初級の時期には、平易な曲を数多くこなすことで、確かな読譜力を養います。
主にアメリカと日本の教則本を用い、両方のいいとこ取りをしながら進めます。


音を聴く力をつける
ピアノは管楽器や弦楽器と違い、鍵盤を押せば誰にでも音を出すことが出来ます。音が簡単に出る分、乱暴になりやすいという問題があります。
当教室ではグランドピアノでのレッスンを通し、音色と響きにも気を配りながら作品に取り組んでいきます。


成し遂げる力をつける
定期的に行われる発表会はもちろんのこと、グレード試験やコンクールに向けて取り組むことで、目標に向かって曲を完成させていきます。カナダのグレード試験は課題量が多くて大変ですが、良い結果を出せた時の達成感はひとしおです。
特に小学校高学年以上になると、極度の緊張を経験する生徒も出てきますが、それを乗り越えて演奏することで、一回りもふた回りも成長していきます。きっと社会に出た時に自分を助けてくれる、貴重な経験となることでしょう。